ルテインサプリランキングと効果・飲み方ガイド

ルテインサプリに期待する働き!

ルテインは、加齢とともに体内から失われていく、目の健康を支える重要な成分になります。ルテインが不足していくと、

 

  • 疲れ目
  • ドライアイ
  • 白内障・緑内障
  • 飛蚊症

 

など、実に様々な眼病の原因となります。ルテインを十分に補給しておくと、目にとって有害な光、刺激を吸収したり、活性酸素の除去に働いたり、といった作用をもたらします

 

一昔前だと眼病に悩む方は高齢者ばかりでしたが、スマホ、ゲームなどが身近となった現代だと、子どもや若い人もルテインが不足しやすく、目のトラブルを抱える人が増えています。

 

ルテインサプリの選び方

 

失敗しないルテインサプリ選びとして抑えるべきポイントは、

  • ルテイン含有量
  • 相乗作用を生む成分は含まれるか
  • 続けやすい価格か

 

主にこの3点になります。ルテインはマリーゴールド由来の天然なことはもちろん1日分に10mg以上含まれるものがベストです。さらに、含有量以外にもルテインの吸収力を高めたり相乗作用が見込めるアントシアニン・ゼアキサンチン・亜鉛などが含まれるものがより良いです。

 

また、毎日飲むものだから続けやすい価格かどうかも大事なポイントです。当サイトは上記3点を踏まえランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

ルテインサプリ総合ランキング

めなりの特徴

めなりは、目の健康を守るルテインを1日あたり12mg配合したサプリメントになります。ルテインのほか、ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチンなどを中心にビタミンやミネラルなどを豊富に含み、さらにアントシアニンたっぷりのビルベリーエキスも170mg含まれます。ルテイン、ビルベリーともに他社圧倒のトップクラスの含有量を誇り、飲めば違いがわかる実感力の高いアイケアサプリメントです。

価格 907(税抜)円
評価 評価5
備考 ルテイン12mg・ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチン・βカロテン・ビタミン群・ミネラル

 

ドクターズチョイス ルテイン40mgの特徴

ドクターズチョイス ルテイン40mgは、名前の通り天然ルテインを1日分に40mg含有したサプリメントになります。ルテイン量に加え、ゼアキサンチン・ビルベリーなども含まれ、選ぶ上で基準はクリアした製品です。ただし、他製品と比べ、価格が高めの設定なのが1位に劣る理由です。もし満足いく結果にならなかった場合は、90日間返金保証もあります。

価格 3980円
評価 評価4.5
備考 ルテイン40mg・ゼアキサンチン・ビルベリー・ビタミンE

 

えんきんの特徴

えんきんは、CMでもおなじみのファンケルが販売する目に良いサプリメントになります。ルテインを1日あたりに10mg含有し、アントシアニン・アスタキサンチン・DHAなどの有効成分もしっかり含まれます。また、成分を包む、カプセル素材に着色料・香料・保存料は使用せず無添加のため安心して飲むことができます。

価格 1000円
評価 評価4
備考 ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHA

 

パッとわかる!ルテインサプリ主要5商品比較表

商品名 めなり ドクターズチョイス ルテイン40mg えんきん DHC ルテイン 大正ブルーベリー
パッケージ
内容量 1袋60粒

1日2粒目安

1本60粒

1日2粒目安

1袋28粒

1日2粒目安
(14日分)

1袋30粒

1日1粒目安

1箱30袋

1日1袋2粒目安

価格 通常:3980円(税別)

初回:907円(税別)

通常:3980円 お試し:1000円 通常:1143円 通常:3200円(税別)

初回:1000円(税別)

ルテイン含有量 12mg 40mg 10mg 16mg 6mg
ゼアキサンチン配合 2.4mg 2mg × × ×
亜鉛配合 × × × ×
アントシアニン配合 61mg 18mg 2.3mg 7mg 29mg
その他成分 βカロテン・クロセチン・アスタキサンチン・ビタミン・ミネラル ビタミンE アスタキサンチン・DHA メグスリノキ・クロセチン・ビタミンE ビタミンC
特典・保証 30日分907円(税別)

15日間返金保証

定期5%OFF

90日間全額返金保証

お試し4週間分1000円

機能性表示食品

定期5%OFF 30日分1000円
公式サイト http://sakura-forest.com/ https://bandh-r.org/ http://www.fancl.co.jp/ http://www.dhc.co.jp/ https://www.taisho-direct.jp/

 

目の健康を守るルテインの効果

 

 

常に光の刺激に晒され続け、休む間もなく働き続ける私たちの目。目はその機能上、負荷が集中しやすい器官です。実際にパソコンなどの画面を見続け、目がしぱしぱするといった経験をお持ちの方は多いでしょう。

 

目から視覚情報を得るには、目の中に光を通し続けなければなりません。しかし目は全体が粘膜であり、乾燥もしますし光の刺激によって疲労もします。特に一点に集中し続ければし続けるほど、その疲労の蓄積度合いは危険なほどに高まっていきます。そんな目を守り健康状態を保つために摂取したいのがルテインです。

 

有害な光から目を守るルテイン

 

ルテインはもともと目の中に存在する色素であり、自然の植物などにも含まれます。特に強いエネルギーを持つ青い光を吸収する性質があり、ルテインを含む植物は青色の光のエネルギーから自らを守るためにルテインを備えているのです。そしてそれは人間にとっても同じであり、目を高エネルギーの光から守っています。

 

このルテイン、人間の目の健康には欠かせない物質でありながら、自ら体内で合成することはできません。ルテインは日々消費されていきますが、それを補充するためには全て経口摂取でまかなわなければならないのです。

 

加齢と共に始まる眼病の予防に

 

特に高齢ではルテインの消費量が急激に増え、目の健康を維持するためにはそれまで以上にルテインを摂取し続けなければなりません。重要ながらその名前すらあまり知られていないルテイン、目の健康のためにその必要性と摂取について学びましょう。

 

ルテインの1日の目安量は?どんな食べ物から摂れる?

 

 

前述の通り、ルテインは植物に多く含まれる成分です。私たちが口にする食材としては、緑黄色野菜に集中的に含まれます。しかし緑黄色野菜ならば何でもいいというわけではありません。植物はルテインを主に光から葉を守るために利用しているため、葉物に多く含まれます。

 

ケール・ほうれん草・パセリなど

 

緑黄色野菜の中でも特にルテインの含有量が多いのはケールで、重量辺りのルテイン含有量は群を抜いており、100gあたり約40mgのルテインを配合しています。他にはほうれん草が約10mg/100g、パセリが5mg/100gと比較的多めのルテインを含みます。

 

どれも緑色が濃い野菜で、ルテインの色素が反映されていると言えます。その他の一般的な緑黄色野菜はルテイン含有量ががくっと落ち、効率的に必要量を摂取するには難しいでしょう。

 

1日10mg以上摂りたい

 

ルテインの1日必要量は目安として10mg/日と言われています。ケールを生で毎日食べる習慣のある方ならともかく、この数字を満たすのは想像する以上に難しいものです。またルテインは加熱による損失もあります。食事で意識して摂取するためには、ほうれん草を頻繁に食卓へ取り入れ、その他の緑黄色野菜も少しずつ食べる必要があります。

 

しかし多くの人にとってそれは難しいことと思いますので、ルテインサプリメントの利用を考えてみてもいいでしょう。ただし緑黄色野菜からはルテイン以外にもベータカロテンなどの目に重要な栄養素を摂取できますので、サプリメントを利用する場合も可能な範囲で緑黄色野菜を食べるよう心がけるべきです。

 

ルテインと相性の良い成分は?摂取はサプリが効率的

 

 

先ほどルテインは色素の一種と書きましたが、より具体的に言えばカロテノイドの一種です。そして目に含まれるカロテノイドはルテインだけではありません。ゼアキサンチンというカロテノイドも目の中でルテインと同じような働きをしています。

 

そしてゼアキサンチンもまた、体内で合成できず経口摂取しなければならない重要な成分です。 ルテインとゼアキサンチンは目の中に存在する位置が違うだけで、性質も必要性も似ています。そしてルテインだけを摂取してもゼアキサンチンが不足していると、目への保護作用は薄くなってしまうため、両方を同時に摂取することが好ましいと言えます。

 

また、ルテイン・ゼアキサンチンどちらもカロテノイドであるため、カロテノイド共通の性質として抗酸化作用を持っています。細胞を傷つける活性酸素が目の周辺で発生した場合、抗酸化作用を持つルテイン・ゼアキサンチンは活性酸素を無害化するために消費されてしまいます。

 

このように重要なルテイン・ゼアキサンチンを無駄に消耗しないように、抗酸化物質を別途十分に摂取することも必要とされます。そして同じカロテノイドの仲間であり、目の粘膜を保護する働きも持つベータカロテンが最も相性の良い成分と言えるでしょう。

 

さて、この三つの栄養素がどれも等しく重要なことはわかっていただけたと思います。が、ルテインだけでも大変なのに、三つの栄養素を全て毎日摂取するのは、さすがに現実的ではありません。そこで、これらの摂取はサプリがおすすめです。

 

ルテイン・ゼアキサンチン・ベータカロテンは目の健康に必要な栄養素として代表的なものですので、目への健康効果を謳うサプリメントにはこれらを全て含むものが少なくありません。そういったサプリメントを利用するのが手軽で確実です。

 

ルテインとブルーベリーの違いは?どっちが良いの?

 

 

目に良い栄養素といえばルテインとアントシアニンですよね。マリーゴールド花弁などに含まれるルテインと、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンはどちらも目の中に入ってきた光が与えるダメージから目の細胞を守る色素です。

 

そしてルテインとアントシアニンは同じ目の中であっても留まる部位が異なるため、どちらか一つを摂取すればいいというものではありません。サプリメントを選ぶにしても、できれば両方摂取したいものです。それでも、どちらか一つを選ぶとなれば、ルテインをおすすめします。

 

その理由としては、アントシアニンは比較的食事から摂取しやすいことが挙げられます。アントシアニンといえばブルーベリーサプリメントであり、様々なベリー類を素材としたサプリメントが展開されていますが、ベリー類に限らずアントシアニンは植物素材に広く含まれる成分であり、青や紫の花びら・果実などに多く含まれています。

 

全く果物を食べない人はともかく、果物をある程度食べる人ならばアントシアニンをそれなりに摂取できている可能性があります。また、ムラサキキャベツなど一部の野菜にもアントシアニンは含まれます。一方で、ルテインはマリーゴールド花弁など一部の花びらに含まれるのみで、食事から十分な量を摂取するのは現実的ではありません。

 

目に良いサプリメントといえばブルーベリー、というイメージがあるかもしれませんが、どれか一つ選ぶとなればルテインの方がおすすめできます。

 

ルテインサプリを飲む最適なタイミング

 

いざルテインサプリメントを購入したら、後は飲むだけです。しかしせっかくお金を出して買ったサプリメントなのですから、効果を最大限引き出したいと思うのは当然のことですよね。ではルテインサプリの効果を高めるような、ベストな飲むタイミングというのはあるのでしょうか?

 

時間帯は問わない

 

ルテインは体の組織を作るような成分ではなく、あくまで目に配置され光から目の神経を守る働きをするものですから、睡眠前を狙って飲む必要はありません。睡眠前に飲むと睡眠中の体が成長する際に積極的に使われる成分というのは数多くありますが、ルテインはそのような性質を持ちません。また、ルテインは体内持続時間が長いため、朝か夜かにこだわる必要も特にありません。

 

食後に飲むのがベスト

 

ただ一点、ルテインサプリは食後に飲まなければなりません。ルテインはカロテノイドの一種であり、カロテノイド共通の性質として脂溶性です。したがって脂質を全く摂取していないタイミングでルテインサプリを飲んでも吸収率が悪く、十分な効果を得られません。

 

一方でルテインサプリを飲む前の食事は特に意識して油を多く取るなどの配慮は不要です。現代食では何かしらおかずの中に油が含まれているものであり、その程度の量で十分に吸収率を高められます。ただし極端なダイエット食など全く脂質を含まないような食事を取っている方は、牛乳1杯や卵1個程度でも意識して脂質を摂取した上でルテインサプリを飲んでください。

 

現代人は目を酷使する生活を送り続けている

 

 

現代人が年々視力低下傾向にあることはみなさんご存じでしょう。現代人の目を取り巻く環境は非常に過酷なもので、誰も彼もが目を酷使し続けて日々を暮らしています。特に長時間電子機器を触り続ける人にとっては深刻な問題で、その影響はさまざまな形で表面化しています。

 

眼精疲労

 

現代で発症率が急激に増加している目に関連する症状として、眼精疲労があります。眼精疲労とは文字通り目への疲労から来る症状ながら、その影響範囲は目とその周辺に留まらない点が問題です。視神経を通じて広範囲の神経を刺激したり、また自律神経を揉み出したりすることで、肩こりや首凝り・頭痛の誘発、また不眠なども引き起こす大きな健康上の問題です。

 

ドライアイ

 

またドライアイもよく聞く目のトラブルです。ドライアイは目の酷使と深いつながりがあり、さらに結膜炎など他の目の病気を呼ぶこともあるやっかいな問題です。ドライアイは強い光を見続けると発症リスクが急激に高まるため、IT時代の現代病と言えるでしょう。

 

視力低下、スマホ老眼など

 

さらに単純な視力低下も深刻です。特にスマートフォンが普及して小さな画面を凝視し続ける方が増えたため、近視・老眼が急激に進んでいます。スマホの見過ぎによる近視・老眼をまとめてスマホ老眼などと呼ぶこともあり、それだけ症例が多いことを示しています。

 

このように現代人は、目の酷使によってさまざまな健康問題を抱えています。しかし今からテクノロジーを捨てて目に優しい生活に立ち返ろうといっても無理だという方が多いでしょうから、せめて目の健康を守るための対策は考えなければならないのです。

 

目の健康を守る!

ルテインサプリメントランキング!人気第1位は?